ビジネスの各場面における翻訳作業の一工夫

効率的な翻訳の仕方を工夫する

翻訳という仕事は単純に与えられた文章をイチから翻訳するだけの作業では、時間がかかってしょうがないという事態が有り得ます。こんな時に工夫が必要です。例えばフォーマットが定められた書類であれば、文面の基本が同じで細かい単語だけが違うというケースもあります。それなら単語だけに焦点を絞ればいいわけです。重複している部分が多い知的財産系の明細書などのドキュメントなら重複分を探してボリューム削減だってできるのです。

複数の翻訳者でも統一感を持たせる

大量のドキュメントを一気に翻訳しなければならない時、ひとりの翻訳者だけでは対応しきれないので複数人で対応するというケースがあります。そうすると問題になるのが、翻訳する文面のクセが担当者の個人によって異なるので、できあがりの文章がバラバラになってしまうというリスクです。これを回避するため、よく出る頻出表現などはできるだけ用語集などを事前に作って統一感を持たせておくという工夫があります。同じ意味でも違う表現をする人たちをまとめるのです。

忘れられがちな文書の機密性保持

翻訳という作業だけに集中していると、取り扱っているドキュメントが実はビジネスにおける機密性の高いドキュメントだったりすることを忘れがちです。つい、別の翻訳者に助けを求めたり、セキュリティの甘いインターネットで文面をコピペして翻訳事例を探したりなどという、うかつな対応をしてしまう翻訳者だって出てくる可能性があります。校正用のマクロを準備したり、セキュリティに気をつけるのも翻訳作業で重要な一つの工夫なのです。

機械翻訳とは、ある言語による文章を別の言語の文章に変換するシステムです。現代では翻訳ソフトがそれにあたり、人力翻訳と区別されています。