仕事の効率化を追求する方法とその心構えを知ろう

ルーチンワークを素早く行おう

どんな仕事でもルーチンワークがありますね。ルーチンワークとは決まりきった日常の仕事のことを意味しますが、毎日の仕事を効率的に行うためには、ルーティンワークをどのように考えるかで変わってくるのです。ルーティンワークは頭で考えることなく半分無意識でできるような仕事が多いので、あえてそこではストップウオッチを使って時間を測るようにするべきです。時間を測ることで今まで漠然と行っていた仕事も効率的に終わらすことができるのです。

仕事の効率化で新しいステップに進もう

時間給で仕事をしているとなかなか気が付きにくいですが、単純な仕事はできるだけ素早く行うことが重要なんですね。例えば、同じ8時間の間で8の仕事しかできない人と10の仕事をできる人ではどちらのほうが給料を上げたいかということなんです。そういうと、給料はこれ以上上がりっこない、今更出世するのは難しいという意見もあるかもしれません。ですが、効率よく正確に仕事を終わらすことができれば、自然に重要な仕事を与えられるようになります。つまり、知らない間に次にステップアップをしているのです。

考えることは短縮できない

このように仕事をできるだけ短時間で正確に終わらすことができれば、今までよりも進歩していることになりますし、評価のされ方も異なってきます。ですが、短縮することができないものも在ることを知っていましたか?それは考える時間です。考える時間は効率よく行うことがとても難しく、考える時間の短縮をすることができないのです。もし、時間を短縮することができたなら、ノーベル賞受賞者になれるかもしれません。ですので、考える時はじっくりと、ルーチン作業は効率よく行いましょう!

ワークフローは流れ図を用いた仕事のマニュアルです。従来のマニュアルに比べて流れ図を用いることにより分かりやすくなっています。