トイレが詰まる前に!その原因と予防方法とは?そして詰まった時の解決方法

トイレが詰まる原因は?

トイレにトイレットペーパー以外のものを流すと、それが少しずつ蓄積されて詰まる原因にもなるので、流さないことがまず前提になりますね。例えばティシュペーパーは、代用品として使う方もいると思いますが、ほぐれにくい繊維構造になっているので、異物などが排水管についていた場合に引っかかる可能性があるからです。ペットのトイレ砂も吸収性が高いので、原因になるのですよ。また、大量にトイレットペーパーを流すことも、詰まる原因になるので常に気をつけることも大事になります。

トイレの詰まりを予防する

トイレの詰まりの原因の多くは、トイレットペーパーの使いすぎなどが上げられますが、その原因を防ぐだけではなく、水の流し方に注意するだけでも予防することが出来るのですよ。水洗レバーには大と小がありますが、それはタンクの水量を流すのに必要な量が計算されているので、量に合わせてしっかり使い分けをすることが大切になります。また節水のために、タンクにペットボトルなどを入れたりしている方がいますが、詰まやすくなるのでしないようにしましょう。

トイレの詰まりの解決方法

いざトイレが詰まってしまった時、業者に頼むよりなんとか自分で汚れず簡単に解決したいですよね。その解決方法は、ラバーカップを使う方法もありますが、空気を抜いたり使い方もあるので、それより簡単な方法として、お湯と重曹、お酢を使った方法があります。それは、排水口にお湯を入れて重曹を計量カップ半分と、お酢を計量カップ1杯入れ、1時間ぐらい放置します。お湯で詰まったものを柔らかくし、重曹とお酢で泡立ちその泡が、詰まったものを溶かし崩す効果があるのですよ。

トイレ詰まりがあった場合、焦ってトイレ修理の業者にすぐに電話してしまいがちですが、落ち着いてインターネットなどで原因を探ってみると、意外と自宅で直せるものです。